目標指向のカリキュラム計画

1年生から:

前期が終わるまでに、生徒たちにどのような視点を持ってほしいですか?学年度の終わりには?各レッスンや教科書の単元に注目するよりも、各単元がカリキュラム全体の目標とどのように整合しているかが重要です。

1年生の前期の目標は
1) 意見を述べること、また他の人の意見を考慮することの基本を生徒にしっかり身につけさせること。
2)ディベートやディスカッションの授業に積極的な生徒を育てること。各レッスンにおいて、生徒はスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの活動に参加することが期待されます。トピックは、心理学、社会、自分たちの世代の視点などです。

1年生の前期のレッスン概要

レッスンの詳細を表示するには、下の青くハイライトされたレッスン番号をクリックしてください。

Click to see Lesson-01

Lesson-01反転授業、文のストレス、単語のストレス、イントネーションについて、さまざまなインタラクティブなアクティビティを通して学びます。

Lesson-02: ディスコースマーカー、トピックセンテンス、具体例について説明します。生徒に具体的な英語表現を促す簡単な方法は、自分の日常生活を描写させることです。そこで、生徒のトピックは、日々のスマートフォンやインターネットの使用についてです。

Lesson-03: このレッスンでは、教育技術と生徒のプライバシーの対立について検討します。

Lesson-04: 様々なスピーキング入試の練習をすることで、トピックについて書く準備をします。

Lesson-05: Lesson-05では、発音とディスコースマーカーについて学んだことを使って、ビデオスピーキングレッスンの評価を練習します。

Lesson-06: Speaking Test for first term

Placeholder Picture

韓流の成功とクールジャパン

June's Lesson

このトピックは、オーバーツーリズムのトピックに対する生徒の意見から生まれました。多くの生徒は、オーバーツーリズムの問題を解決するために、外国人観光客の数を減らすべきだと考えていました。しかし、私のエッセイのテーマは、問題と解決策のエッセイ質問でした。生徒は海外観光客の数を増やすことに反対であれば、京都市対して外国人観光客からの収入を代替できる他の方法について解決策を提案しなければなりませんでした。様々な生徒は、日本が韓国のようで、日本の文化やサブカルチャーを輸出するために韓流の成功を真似るべきだというもいました。

Placeholder Picture

同時に、他の教師との英語リーディングの授業で、生徒たちは日本のエンターテイメント文化やサブカルチャーのさまざまな側面について学んでいました。そこで、私は、生徒がリーディングのクラスですでに学んでいることの延長線上にある関連したものになるようにデザインしました。このトピックは2つのレッスンで行われます。レッスン1では、まず、韓流の歴史について私が書いた400語の記事を読みます。読んだ後は、英語で要点を小グループで、またクラスでのディスカッションとして話し合います。次に、クールジャパンのプロジェクトとその問題点について、クールジャパン政府のウェブサイトから提供された情報を要約して紹介する。さらに、このプロジェクトに関する日本語のメディア記事をChromebookで調べ、メモを取り、そのメモをクラスで英語で共有します。最後にポジティブな側面からみると、日本国内よりも国際的に成功した日本の音楽アーティストについて紹介します。様々なショートビデオやショートインタビューを見て、なぜそのアーティストが海外のエンターテイメントの視点とつながることができたと思うか、生徒たちは重要なポイントをまとめます。この授業ユニットのリサーチの一環として、音楽グループWorld Orderに連絡を取り、生徒たちに提示した彼らのグループに関する授業プランの資料の最新情報を提供しました。

Click to download the MS Word File Lesson Plan for the first part of this lesson

生徒は3つの設問から1つのエッセイテーマを選択することができます。設問02は、「日本は海外のアーティストともっとコラボレーションをするべきだ」というものです。例として、さまざまなビデオクリップからこのビデオをまとめました。日本のグループWorld Orderが活動を開始したとき、彼らにインスピレーションを与えたいくつかのもののうちの1つが、アメリカのグループOK GOでした。OK GOは、すべてワンシーンで撮影された素晴らしいビデオで有名ですが、通常1ヶ月の練習が必要です。彼らの映像には、人間と機械が一緒に働くというテーマがあり、それはWorld Orderの人間ロボットのテーマと関連している。World Orderがアメリカで人気を博したとき、それを見たOK GOは、日本の芸術的才能の一端に注目するようになった。そこで、OK GOは日本のアーティストや企業とコラボレーションをするために来日した。OK GOは曲を書き、ビデオに日本のマスゲームを使うというアイデアを持っていました。ホンダは、ホンダのユニカブ機を使うというアイデアをOK GOに与えた。日本の原野守弘監督は撮影に関するアイデアを与え、日本の振付師であるエアーマンはマスゲームの効果でコラボレーションしました。このビデオは、OK GOのビデオ制作の舞台裏を紹介するものです。このコラボレーションテーマに関する反対意見については、国際的なアーティストのコラボレーションが成功しなかった例に関する日本のニュース記事へのリンクが与えられています。
須藤元気へのサブカル・インタビュー、O.K.GOの編集ビデオクリップは、ワールド・オーダーのバンド・メンバーとのコミュニケーションから得た情報をもとに作成した。

Click to download the MS Word File Lesson Plan for the first part of this lesson

'Think different Lesson

批判的思考についての単元で、私が作っているレッスンのひとつです

このビデオは、私がアップルの「Think different」キャンペーンについて授業のために、現代に相当するものをシミュレートしたものです。アップルの「Think different」キャンペーンと、創造的思考に対するその効果については、数多くの研究がなされています。例えば、これはその研究の一つです[ https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/20/news002.html ]。
授業計画のステップ 。まず、生徒は大学生にアップルのロゴをサブリミナル的に見せることの効果について研究され、レンガの課題に対する創造的思考プロセスの変化と関連づけられた上記のリンクを日本語で読みました。私は学生たちに「なぜこのような効果が起こったと思いますか?数分間日本語でグループトークをした後、学生たちはキーワードとなるアイデアを書き出しました。彼らのアイデアのほとんどは、アップルのロゴの実際の形や、対称性についてのものでした。その後、この研究についての3分間のビデオを見ました。

私は「Think different」キャンペーンについて説明し、それがなぜ効果的であったのかについて重要な点を述べました。

「Think different」キャンペーンが大学の研究で発見された認知的効果をどのように発揮したかを生徒たちが実践的に理解できるように、クラスで目の錯覚を利用したアクティビティをいくつか行いました。生徒たちが理解したのは、オリジナルの白黒の「Think different」キャンペーンのテレビ広告が効果的だったのは、1990年代後半の人々が、オリジナルのアップルの広告で使われている人々と感情的なつながりを持っていたからだということです。

課題学習の一環として、生徒たちは2023年に自分たちの世代にアピールすると思う人物のリストを作成しました。

Think different "広告で使われていたオリジナルの音楽は、現在著作権フリーなので、そのオリジナルの音楽を使いました。

私がボイスオーバーは、オリジナルのThink different広告の日本語訳からAIが作成したものです。

生徒たちはいくつかのバージョンを比較しましたが、この白黒バージョンが一番良いと選びました。なぜなら、オリジナルの「Think different」広告を制作した広告代理店が使用したオリジナルのルールに沿っているからです。

Teacher's Notes Video: Part-1

この短いビデオは、「Think different」レッスンの最初の部分を説明したものです。このレッスンは65分で、私が作り、教え、採点する2年生の英作文のレッスンのひとつです。このレッスンで生徒が提出するエッセイは、私が作って教えているディベート・ディスカッション・コースの前期の成績の12.5%を占めます。最初の55分間は、私が書いた記事を読んだり、ペアトークをしたり、クラスでディスカッションをしたり、頭を使うアクティビティをしたり、短いビデオクリップを見たりしました。その55分の間に、パワーポイントのスライドを使って私が短い話をします。私は通常、パワーポイントによるプレゼンテーションの部分を2分程度にまとめ、2~3分のビデオクリップやアクティビティ、そしてペアトークの後に、次の短いパワーポイントによるプレゼンテーションを行うようにしています。
この授業の最後の10分で、生徒たちはGoogle Classroomで文章を書く活動を始めました。
生徒たちは夏休みに入りましたが、私はまだレッスンの準備や680ライティングの生徒のライティングの採点に追われています。というわけで、このレッスンの実際のレッスンプラン、生徒のプリント、ライティング課題の情報は来週掲載します。それまでの間、このレッスンのために準備した他の教材をダウンロードするためのリンクを以下に示します。私が使用したパワーポイントの初稿と、このレッスンのために用意したビデオです。使用したビデオはカナダの短編ドキュメンタリーで、制作者と元の著作権者はこのビデオを教育目的で使用することを許可しています。私はビデオを短いキーポイント・セグメントにカットし、日本語字幕を翻訳して加え、元の著作権所有者への帰属を明記して私のYouTubeに追加しました。

Link to YouTube modified and shortened documentary I prepared for this lesson